低侵襲治療の恩恵を鹿児島で、一秒を争う命も救いたい

「心臓や血管の治療をしましょう」と言われた瞬間、驚きとともにご不安を感じられることと思います。一つの病気に対して治療方法は複数あります。米盛病院ハートチームでは、従来の治療法に合わせて、体の負担の少ない低侵襲の治療法もご提案しています。

「カテーテルでできる治療から、小さい傷でおこなう手術まで」

「低侵襲治療の恩恵は患者さんのために」

一方で、急性心筋梗塞、急性大動脈解離、急性心不全、発作性心室細動など、一刻を争う患者さんの受け入れを24時間365日おこなっています。

「一秒を争う方の命を救い、その後の一生へつなぎたい」

わたくしどもハートチームの一人ひとりが、治療を人生の大切なひとときと考え、治療後の一生につなぐカタチをつくっています。

​ハートチームとは

循環器内科医、心臓血管外科医、血管外科医、麻酔科医、集中治療医など様々な分野の医師をはじめ、看護師、臨床工学技士、臨床検査技師、診療放射線技師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などの医療職から事務職まで、多種多様な役割をもった専門スタッフが集うことで、お一人の患者さんに対して最善の医療を提供するためのチームです。

ハートチームメンバーが集うハートカンファレンスで協議して治療方針を決定します。検査、治療、社会復帰のプロセスまで、多種多様な専門家が集うからこそできる、個別性に配慮した取り組みをおこなっています。

ハートチームメンバーのご紹介

ハーチームメンバー紹介モザイク_003_202205から.jpg